議員の選び方-第1回-「憲法と憲法典」

2017/11/19

この議員の選び方の記事は、これから選挙権を持つ人や、政治の事はあんまりわからないけど関心がある。という方に向けて「核心部分をわかりやすく」をお伝えするものです。

※日本が嫌いという方はご遠慮ください。


さっそく始めましょう♪

よく「憲法違反だ!」という言葉を耳にすると思いますが、このときの憲法とは、いったい何のことなのでしょうか?

おそらく、というよりも、このときの憲法は、ほぼ間違いなく文字で書かれた憲法のことです。

ですが、タイトルにもあるように「憲法と憲法典」とありますよね。。。

正確に言うと、文字で書かれている憲法は「憲法典」といいます。

では、もう一方の「憲法」とは何なのでしょうか?

ひと言でいえば「国体」ということになります。

では国体とは何なのか?ですが、その国の国柄である「歴史・伝統・文化・精神・風習・しきたり等」のことを指します。

国体=憲法=国柄なのです。

※わかりやすくするために、ここから先は、

条文で書かれた憲法典を「条文憲法」

もう一方を「国体憲法」としますね。

つまり「国体憲法」を文字にしたものが「条文憲法」なのです!

(この事を知らない方がメチャクチャ多いんですよ!。そして知らないからトンチンカンな議員や国民が存在するのです・・・)

-もっとわかりやすく!-

①-あなた自身そのもの=国体憲法

②-あなたの自己紹介書=条文憲法

これでわかって頂けるかと思います。

それでは質問です。

①と②では、どちらが大切ですか?

もちろん①のあなた自身そのものですよね!

つまりのところ、政治の物事というものは「条文憲法」で判断するのではなく、まずは「国体憲法」に照らし合わせて判断するのが正しいやり方なのです。

そして「国体憲法」に照らし合わせて「条文憲法」が合わないのであれば「条文憲法」を変えなければならないのです。

だってそうでしょ?

あなたが面接に行くときの履歴書に「ウソ」を書いていいわけがないでしょ!

ってなことで、ひとつのことがわかりましたよね。。。

そうです!条文憲法とは、諸外国に

「私たちの国は、こういった国です」

と自己紹介する、履歴書やプロフィールという性格を持つのです。

ということなのです!!!!!

-レベルアップ-

世界の国々でも条文憲法はありますが、日本の条文憲法が持つ「意味や効力」は、かなり違ってます。

というのも世界の国々では、昔は「支配者と奴隷」という関係にありました。

そこから独立戦争や革命等で国家を形成していったのですが、そのときに支配者や統治者が横暴なことをしないようにと「条文憲法を作り、縛り付けた」のです。

ですが我が日本国は、天皇と国民が共に尊重し支え合ってきたという歴史があるため(これを君民一体や君民共治といいます)条文憲法で統治者を縛り付けるという意味合いは薄くなるはずなのです。(はずなのです。と書いたのは、そうなってないからなのですが・・・)

その証拠に日本では君民一体や君民共治といった歴史があるので「条文憲法」と「皇室典範」は別個に独立して存在しています。(これを典憲体制と言います)

-さらに-

・条文憲法を国民

・皇室典範を天皇

と置き換えてみれば一目瞭然です。

先ほど述べた「天皇と国民が共に尊重し支え合ってきたという歴史がある」という関係上、

①条文憲法は皇室典範を尊重し支える

②皇室典範は条文憲法を尊重し支える

続けて言うと、

③国民は天皇を尊重し支える

④天皇は国民を尊重し支える

ということなのです。(②と④の言い方は不敬ですが、わかりやすくするために書かせていただきました)

っとまぁ、こういった関係があるので「天皇や皇室は憲法違反だ!」という意見は、チャンチャラおかしいのです。

(この辺は、今後の回で突っ込んでいきますので・・・)

ではでは♪


-今回のまとめ-

・憲法=国体

・国体=国柄(歴史・伝統・文化・精神・風習・しきたり等)

・憲法典=憲法(国体)を文字で表したもの

・憲法典には、

①統治者や現政権を縛るもの

②自己紹介文

という意味合いがある。

・政治の物事は、まずは「国体(憲法)」で考える。


-ひと言-

まずは国体をお勉強しましょう!

・・・そんなこといっても国体って難しそう・・・

と思った方、ご安心召され♬

あなたの数ある興味の中で「これには歴史があるよな」を思ったヤツを勉強するだけでOK!なのです。

海外の美術でも良いのです。

海外の美術は日本の美術に影響を与え、また日本の美術も海外の美術に影響を与えてます。

これもチャンとした「国体(憲法)」のお勉強になっているのです!

または、

・・・今日は祭日だけど、この祭日ってなんだろう?・・・

・・・お箸って毎日使ってるけど、いつから使ってるんだろう?・・・

こんなのでもOKですよ。。。素晴らしい国体のお勉強です♪

(※極端な例を挙げれば、H系の歴史を探っていくと「最古のH系の書物は古事記なのか?」にたどり着いた方もいます。笑)

-もうひと言-

誰かと議論するときは、「(国体)憲法」と「憲法典」を使い分けるようにしてください。

国体を勉強し、憲法と憲法典の使い分けが出来るようになるだけで、ある程度のアホ議員は排除できますよ。。。

それでは議員の選び方-第1回-「憲法と憲法典」を終わります。


第2回は「日本国憲法って???」です。

おたのしみに♪


 

-【 ワラエバ 】全ての投稿, 議員の選び方
-

不動たかしの紹介

1
不動たかし自己紹介

はじめまして不動たかしです。 私の生まれは九州。育ちも九州。 家系を遡っても、九 ...

2
自書の紹介

さて、不動たかしの自己紹介に続き、私の自書である「イノチノツカイカタ」の紹介です ...