議員の選び方-第5回-「ハロウィンって!?!?」

2017/12/01

この議員の選び方の記事は、これから選挙権を持つ人や、政治の事はあんまりわからないけど関心がある。という方に向けて「核心部分をわかりやすく」をお伝えするものです。

※日本が嫌いという方はご遠慮ください。

「議員の選び方の一覧はコチラから」


ではでは毎度のことながら早速。。。

第1回~第4回までは、主に「国体(憲法)」についてでしたネ。。。

ってなことで、しつこいですがおさらいです。

国体とは「歴史・伝統・文化・精神・風習・しきたり等」であり、その国の国柄である。

ということでしたよね。

それを踏まえて今回のテーマ「ハロウィン」をやりましょう!

ハロウィンのお祭りが日本で行われるようになってメディアが取り上げ始めたころに、とある日本が大好きだという老齢のコメンテーターが、

「ハロウィンとかいうのは、日本の伝統文化には無いんだから、私はあまり好きじゃないな」

なんてことを口走っていました。

これを読んでいるあなたはどうでしょうか?

本当にそうなのでしょうか?

私はこのコメントを聞いて、

「出たな、、、おバカコメンテーターが・・・」

と思い、タメ息が出ました。

私はハロウィンの仮装やイベントなどを見ると、

「う~ん、これぞ日本人だよねぇ~!」

と微笑ましくなります。。。

面倒くさいので、もう結論から書きますね。

「日本人は、あらゆるものを学び、取り入れて楽しむ精神と、それを風習や文化に造り上げてゆく、お国柄である」

っていうことなのです。。。

ですからハロウィンのお祭りは、大いに結構なのです!


まぁ考えても見てください。

私たち日本人は、大晦日になればお寺の除夜の鐘を聴き、年が明けたら速攻で神社に参拝して露天商のお店でワイワイ。

夏のお盆は墓参りをし、冬にはクリスマスを楽しみます。

また、キリスト教徒でもないのに教会で結婚式を挙げたがったり、ファッションでクロス(十字架)を身に着けたりもします。

そして、子どもが産まれると神社へ行って祈祷&祈願をしてもらい、死ねばどこからともなく坊さんがやって来て、お経をあげる。

そしてハロウィンまでも・・・

…いかがでしょうか???

私、思うのです。日本人って、、、

「なんて愉快で楽しいんだ!」

ってネ♪

では、いったい何故、日本人はこうなのでしょうか?

これも結論を先に書いておきましょう。

「多神教国家&君民一体のなせる業(ワザ)」

なのです!!!!

(なんだか書いてて自分自身が高揚してきてしまいました)

それでは私自身をクールダウンさせるためにも、多神教国家&君民一体のなせる業の内容は後の回に譲るとして、話を進めましょうね。

ではここで、先ほど述べた「なんでも取り入れる」ということには問題が生じます。

ハロウィンみたいに、宗教的なお祭りや儀式などの場合、

「何の宗教なのか?どんな神様なのか?どういった意味があるのか?…それがわからないのに取り入れるのは危険じゃないのか?」

っていう問題です。

しかし、ご安心召され♪

いくら「なんでも取り入れる」といっても、悪魔を呼び寄せるお祭りなんかは日本人はやりません。

たとえ知らずにやったとしても、日本人は知れば即座にやめるでしょうし、悪い部分があったとしても、そこを排除したり解釈を変えたりして楽しみますから大丈夫ですよ。

日本人のこういった部分は、安心してて良いですよ!

ホントに。。。

(こういった部分は安心してて良い。というのは、後々にわかりますからネ♪)


では「わからないのに取り入れる」に関連付けた質問です。

「あなたは神社に参拝に行っていると思いますが、行ったすべての神社の御祭神の名前を言えますか?」

この質問、ほとんどの方がNOと答えるのではないでしょうか…

私も数多くの神社に参拝していますが、ほとんど御祭神の名前は言えません。

(覚えても忘れてしまいます…)

ただ、知っていることは、この神社は縁結びの神様・安産子宝の神様・商売繁盛の神様…etc.と、その程度の認識です。

それどころか、なんの神様なのかもわからないのに参拝していることも多々あります。

多数の方もそんな感じだと思いますが、いかがでしょうか?

参拝の作法も然りです。。。

よくわからないのにやっているのです!

実はコレ・・・日本人のとんでもなくスゴイ部分なのですよ。ハイ!

(この凄さは、次回以降に説明しますネ)

以前の私は、御祭神の名前を知らないと失礼だから覚えよう!なんてことやってました。

(作法は一通りできますよ)

ですが今は「知らないよりは知っていた方が良い」と思うくらいです。

(別に、知らなくてもよい。なんてことじゃありませんからね!念のために)

考えがこのように変わったのは、まだ私が若いころに、日本に住むアメリカ人の家に遊びに行ったときの出来事がキッカケなのですが・・・

チョット長くなってきたので、次回にしましょうかネ♪


では、まとめと感想です。

「日本人は、あらゆるものを学び、取り入れて楽しむ精神と、それを風習や文化に造り上げてゆく、お国柄である」

よってハロウィンは、日本人なら取り入れて当然!

昔っから「日本人は流行りモノや、珍しいモノが大好き」なのです!

私は、すべてのカレンダーに、ハロウィンの日って入ればいいなぁ~って思います。

これを読んでいるあなたは、いかがですか?


-チョイと脱線-

黒船が日本にやってきたとき、日本人は恐れおののいたのではなく、黒船見たさに見物に行った者が多数いたとのこと。

そこでは、弁当売りや、望遠鏡の販売やレンタルが行われ、大盛況だったという記録があります。

また、黒船に乗り込んだ日本人は、その凄さに圧倒されるどころか、了解もなく筆を取り出してスケッチをし始め、これはなんだ?アレはどうなっているんだ?と、乗組員を質問攻めにしたそうです。

もう、笑ってしまいますよネ。。。

日本人をビビらせようとしたのに、ビビるどころか眼をキラキラさせてスケッチとはネ。。。

実に愉快です。。。


それでは議員の選び方-第5回-「ハロウィーンって!?!?」を終わりましょう。

次回は「外国人に教わった大切なこと-①-」です。

お楽しみに!

「議員の選び方の一覧はコチラから」


 

-【 ワラエバ 】全ての投稿, 議員の選び方
-

不動たかしの紹介

1
不動たかし自己紹介

はじめまして不動たかしです。 私の生まれは九州。育ちも九州。 家系を遡っても、九 ...

2
自書の紹介

さて、不動たかしの自己紹介に続き、私の自書である「イノチノツカイカタ」の紹介です ...