議員の選び方-第9回-「議員の仕事って???」

2017/12/08

この議員の選び方の記事は、これから選挙権を持つ人や、政治の事はあんまりわからないけど関心がある。という方に向けて「核心部分をわかりやすく」をお伝えするものです。

※日本が嫌いという方はご遠慮ください。

「議員の選び方の一覧はコチラから」


いつもながらに早速ですが、結論から行きます!

議員(国会議員)の仕事は、

「国民の生命と財産を守る」

ことです!

よく、法律を作ることが議員の仕事だ!。。。なんてこと言う人がいますが、法律を作ることは「手段」です。

勘違いしちゃイケません。。。

繰り返しますが、

「国民の生命と財産を守る」

これが、議員の仕事です!

ですから、そのために、

「安全保障」

を最優先に考えなければならないのです。

(まぁ、安全保障や外交は、政府(内閣・閣僚や外交官等)がメインで動くので、内閣以外の議員(特に野党)は、国の安全保障の事については、国会で突っ込んで質問して国民に知らしめていくのが、主な仕事かもしれませんね)

ではまず「国民の生命と財産を守る」の「生命を守る」ことについてですが、もうそのままです。

説明不要ですので、「財産を守る」に移りましょう。(生命の定義は、ホントはチョットあるのですが、ややこしくなるので…)

ではでは、この場合の「財産」とは、いったい何なのでしょうか???

お金?、、、車?、、、不動産?、、、

まぁそれもありますが、大事なものが欠けてます。

その大事なものとは、実は…

「あなた自身」

なのです!

えっ!?どういうこと?…生命守ってんじゃん???

と思った方、わかりやすく説明しますネ。。。

チョット振り返りますが、第1回で「世界の国々では、昔は支配者と奴隷という関係にありました」と述べました。

支配者と奴隷・・・

そうです!

奴隷は支配者の「モノ(所有物)」だったのです!

生命があっても「モノ(所有物)」だったのです!

当たり前ですが、これではイケませんよネ。

この「あなた自身が財産」をもっとわかりやすく言うと、

「あなたは、誰のモノ(所有物)でもありません」

ということなのです。。。

これが「財産を守る」ことの、根底の考え方なのです。

そして「基本的人権」って、ことなのですよ!

この根底があるからこそ、

・あなたはどんな思想や信条を持っていても良いですよ。

・あなたの所有物は、あなたの物ですよ。

・職業や住む場所も、自由に決めて良いですよ。

と、なるわけです。

シッカリと覚えておいてくださいネ♪

(モノ(所有物)といっても我が日本国は、君と民との関係は尊重し合う一体関係であり、共に治めてきたので、ピンとこないですよね)

こういった理由から、私、

「国体を破壊する者・国体をよくわかっていない者」

「安全保障や外交を考えない者・国際情勢に疎い者」

は、支持なんかしないのです。

絶対に!

議員を選ぶときは、

国体については、思慮深く安定的であり、

安全保障については、実現可能で具体的な考え

を持っていない者や政党なんかを選んではならないのです。

国体を破壊し、安全保障は実現不可能な抽象理想論…

とすれば、その行きつく先はどこですか?

もうおわかりですよネ。。。そうです!

「日本人が…そして日本という国が無くなってしまう」

ということなのです。

(経済に関しては、もうチョット後の回でやりますネ)


-チョイと脱線-

【ブータンと日本】

平成23年3月に東北大震災…そして、

同年11月に、ブータン国からワンチュク国王と王妃が来日されました。

私はそのことを知ったとき「西岡京治」という名前が浮かびました。

実は、この西岡京治(ニシオカケイジ)氏は、ブータン国では「農業の父」として知られており、「ダショー」という称号まで受けています。

「ダショー西岡」といえば、ブータン国では知らない者はいない。と言っていいほどです。

ですから、ワンチュク国王と王妃の来日は、日本とブータン国の国交25周年記念の行事とはいえ、震災後間もなくということもありましたので注視していました。

するとです・・・なんと、

ワンチュク国王と王妃が、福島に足を運ばれたのです!

その当時といえば、東北大震災から8ヵ月程しか経っていない時期であり、諸外国は要人たちに対し、福島から退避退去するようにとの指示・命令が出ていました。

外国の要人たちは、その指示・命令に従い、福島から1メートルでも、1歩でも遠くにと避難退去…

そんな最中なのです!ワンチュク国王と王妃が、福島に足を運ばれたのは・・・

そのときのTVや報道等では、国王と王妃が福島を励ましたり、慰霊する。みたいな感じで報じていました。

まぁ確かにそれもあるでしょう。

あるでしょうが、それでは足りません!

肝心なことが足りていません!!!

それは・・・

ワンチュク国王と王妃は、福島に足を踏み入れ、TV等で報道されることにより、

「日本国内だけではなく、全世界に対し、福島は安全です!」

ということを、言葉ではなく、御身をもって表現してくださった。のです!

そのことが、まったく足りていません!

なんという国王と王妃でしょうか・・・

ありがたい。本当にありがたい。。。

この恩は、語り継ぐべきであり、返すべき恩です!

私はそう感じ、そう思いましたが、いかがですか?

-チョイとひと言-

私が小さなころ、今は亡き父が酔っ払ったときに教えてくれたことをひとつ。

「恩は着せるな、着るものだ。恩にいっぱい気付く人間になれ!。受けた恩は忘れずに、ずっと着とけ。そうすりゃ真冬でも、ポカポカあったけぇぞぉ~!アハハハ~、ヒック」

それでは、ワンチュク国王が来日の際に話してくださった「竜の話」を書いて終わりにしましょう。


-竜の話-

皆さんは、龍を見たことがありますか?

私はあります。王妃もあります。

龍は、何を食べて大きくなるのか知っていますか?

龍は、経験を食べて大きく成長していくのです。

私たち一人ひとりの中に「人格」という名の龍が存在しています。

その龍は年を取り、経験を食べるほど、強く、大きくなっていきます。

人は、経験を糧(かて)にして、強くなることができるのです。

そして何よりも大切なことは、自分の龍を鍛えて、きちんとコントロールすることです。

この龍の話を、私がブータンの子どもたちにする時には、同時に、

「自分の龍を大切に養いなさい、鍛錬しなさい」

ということを言っています。

わがままを抑えることや、感情をコントロールして生きることが大切なのです。

「平成23年11月18日 福島県相馬市 桜丘小学校にて」


-この回の最後に-

ブータン国はC国により、国土の10%以上を侵略されています。

今現在も侵攻中です。

(この記事が、C国の侵攻を食い止め、また侵略された国土を取り戻すことに、微力ながらもお手伝いできることを願い、ほんのわずかでもブータン国に恩返しができればと思っております。平成29年12月初旬)


それでは議員の選び方-第9回-「議員の仕事って???」を終わります。

次回は「日本は和の国。。。和って何???」です。

お楽しみに!

「議員の選び方の一覧はコチラから」


 

-【 ワラエバ 】全ての投稿, 議員の選び方
-

不動たかしの紹介

1
不動たかし自己紹介

はじめまして不動たかしです。 私の生まれは九州。育ちも九州。 家系を遡っても、九 ...

2
自書の紹介

さて、不動たかしの自己紹介に続き、私の自書である「イノチノツカイカタ」の紹介です ...