読書のススメ:010 《続》台湾3選その③「海角7号 -君想う、国境の南-」

2016/12/06

最初の台湾3選は、

読書のススメ:004「台湾3選その①:台湾と日本精神」

読書のススメ:005「台湾3選その②:金 美齢」

読書のススメ:006「台湾3選その③:日本人に隠された《真実の台湾史》」

でしたが、この《続》台湾3選では本はもちろんですが、DVDがあるものを取りあげます。

続編①は

読書のススメ:008「《続》台湾3選その①:八田與一」

続編②は

読書のススメ:009「KANO -1931海の向こうの甲子園-」

でしたが、続編の③は「海角7号」の登場です。


 

私は映画通ではありませんが、この海角7号を背景を度外視して評価しろと言われれば、間違いなくB級評価です。

すんません・・・

ですが、B級だからこそ伝わってくるモノがあります。

制作された年度や予算・・・そして、その当時の政権と隣の大陸からのプレッシャーという背景・・・

逆にB級だからこそビンビンに伝わってきました(涙)

良い映画です! 間違いなく太鼓判の映画です。

台湾で大ヒットしたのも当然でしょうね。

この映画を観たら、シューベルトの「野ばら」を聞くだけで・・・口ずさむだけでウルウルするようになりますよ。

また、虹を見ても台湾に思いを馳せるようになるでしょうね。

日本人なら観ておくべき映画です!!!!!

ということで、もう一つ。

この記事は平成28年12月5日に書いてますが(アップは6日)、台湾の映画がもう一つ日本で封切りになってます。

それは「湾生回家(わんせいかいか)」というドキュメンタリー映画す。

今年の秋から日本の各地で上映されていますよ。

(私の地区では来週から封切りですので観に行ってきます。DVDが出たら速攻で記事にします)

下記画像が「湾生回家」のページです。

http://www.wansei.com/ ←ここからどうぞ♪

wannsei

というわけで、DVDと書籍の紹介です。


DVD 「海角7号 -君想う、国境の南-」

特典映像の付いたこちらを是非!

台湾是台湾!

-【 ワラエバ 】全ての投稿, 読書のススメ

不動たかしの紹介

1
不動たかし自己紹介

はじめまして不動たかしです。 私の生まれは九州。育ちも九州。 家系を遡っても、九 ...

2
自書の紹介

さて、不動たかしの自己紹介に続き、私の自書である「イノチノツカイカタ」の紹介です ...