《連載》ジョーク物語

ユーモア村のジョーク物語:第11話「不思議な切手」

更新日:

クスッと笑えば人生がまわり出す!

ユーモア村のジョーク物語へようこそ🎵

キャラクターの設定等がありますので、初めての方は第1話「上下関係」からどうぞ♪


ジョーク第11話「不思議な切手」

クラリス(ロジャス家の長女)が郵便局の前を通ると、ドクトル博士とハンドル助手が、郵便局の受付嬢と何やら話しているのが目に入った。

「この封筒を特許庁に送って欲しいのじゃが」

「はい、かしこまりました博士。また新しい発明でもされたのですか?。随分と分厚い封筒ですね」

「ふむ、ちょいとな!…ムオッホッホッ」

「それはそれは!。それでは少しお待ちくださいませ」

「ふむ!」

さぞかし自信があるのだろう、ドクトル博士は胸を張り、受付嬢の処理を待った。

ヒマだったクラリスは、2人に話しかけた。

「こんにちはドクトル博士、ハンドルさん」

「おお、ロジャスさんとこのクラリスか、久しぶりじゃのぉ」

「また発明?」

「そうじゃよクラリス、今は話せないけどな」

「ふ~ん」

そうやって話していると、受付嬢が戻ってきた。

「えっと博士、この封筒は少し重いので、もう一枚500パロディー切手を貼ってくださいますか?」

「なんじゃとな???」

「えっと、ですから博士…この封筒は重いので、もう一枚500パロディー切手を貼ってください…」

「封筒が重いから、もう一枚切手を貼れじゃとな???」

「は、はい…」

「お、おお~ッ! 何ということじゃ!!」

博士が大袈裟すぎるほどの反応を見せたので、受付嬢、ハンドル助手、クラリスの3人は、目を丸くして顔を見合わせた。

「聞いたかハンドル君!」

「は、はい…何がでしょうか?…」

「これは、世紀の大発見じゃ!!なぜ今までこんなスゴイことに人類は気づかなかったのじゃろう!」

「じ、人類!…ど、どんな大発見なのでしょうか博士?」

「いいか、よく聞いておくのじゃぞ!」

「はいッ!」

人類まで持ち出してきた大興奮の博士は、ハンドル助手とクラリスを見ながら、こう言った。

「重い封筒は、切手を貼ると…軽くなるのじゃ!」



-《連載》ジョーク物語

Copyright© 【馬九|北九州】 , 2019 All Rights Reserved.