《連載》ジョーク物語

ユーモア村のジョーク物語:第15話「パロ神様の采配」

更新日:

クスッと笑えば人生がまわり出す!

ユーモア村のジョーク物語へようこそ🎵

キャラクターの設定等がありますので、初めての方は第1話「上下関係」からどうぞ♪


ジョーク第15話「パロ神様の采配」

パロディー国の祭祀である、2人のパローナが天に召された。

どうやら100年保証のロープが切れ、運悪くこの2人が谷底に落ちて死んだらしい。

1人は、教師をやりながら、パローナとして一所懸命に務めた中年の男性。

もう1人は、スクールバスの運転手をやりながら、パローナをやっている中年の男性だった。

2人は、天の門の扉を開けて中に入り、パロ神様が待っている部屋へと向かった。

「こんにちはパロ神様、死んでしまいましたので、裁きを受けにやってまいりました」

「おお、2人とも知っておるぞ。もっと近くに」

「はい、失礼します」

2人は、パロ神様の前にひざまづき、天国行きか地獄行きかの裁きを待った。

パロ神様は目を閉じて、まずは教師の行いを調べてみた。

「ふむふむ見えるぞ…、教師のお前は、犯罪歴は無いし、無遅刻無欠勤。学校の授業も真面目にこなし、パローナとしての説教も一所懸命にやっておったようじゃのぉ」

「はいッ、ありがとうございます!」

教師の男は、これで天国行きは決定したと確信し、ホッとして表情を緩めた。

次にパロ神様は、スクールバスの運転手の行いを調べた。

「ふむふむ見えるぞ…というか、なんじゃお前は…、酒を飲んでスクールバスを運転しておるではないか!…しかも、30回以上も酔っ払い運転で、ひどい事故をやっておる…、教会で行う説教のときも、酒を飲んで暴れておるではないか…、ほとほと呆れた男じゃのぉ…」

「へ、へい…すんません…」

運転手は、うしろ頭を搔きながら、気まずそうにヘラヘラとした。

―そしてパロ神様の裁きが始まった―

「ムホンッ!。お主らは、一般人ではなくパローナじゃ!。つまりパローナとして、どれだけ人々に信仰をさせたのか?という結果だけを見ての裁きになるのじゃが、それでよいかの?」

「はい!」

「へい…」

「では裁きをいたす。よく聞くがよい」

「はい!」

「へい…」

「教師のお前は地獄。運転手のお前は天国じゃ!…よいな?」

「えッ!?」

2人が同時に声を上げた。

そして、焦った教師がパロ神様に食いついた。

「チョ、チョット待ってくださいパロ神様!、どうして私が地獄行きなんですか!?、地獄行きは私じゃなくて、運転手の男の方でしょ!。私は何も悪いことはしてませんよ!…どうしてですか?」

「じゃから、パローナとしての結果じゃ、その裁きなんじゃよ」

「私がパローナとして、一所懸命にやってたって、パロ神様がおっしゃったんじゃないですか!。何かの間違いです!!。チャンとした理由を教えてください!!」

そうやって食い下がる教師にパロ神様は、こう答えた。

「理由はじゃな、教師のお前が授業したり説教するときは、皆が寝ておった」

「・・・」

「じゃが運転手の場合、彼がスクールバスを運転するときは、皆が祈っておったのじゃよ」



-《連載》ジョーク物語

Copyright© 【馬九|北九州】 , 2019 All Rights Reserved.