習慣の玉手箱

習慣の玉手箱「基礎編-はじめに」

更新日:

心と体のための習慣

習慣の一覧は下にスクロールしてください。

※ご注意①:良い習慣を身に付け、成功したい・お金持ちになりたいetc.という方が、当ページにお越しくださったのだと思いますが、最初にハッキリと言っておきます。この世に、この習慣を身に付ければ、成功できる・幸せになれる・お金持ちになれるといった、一発逆転の習慣というのは存在しませんので、ご了解の上お読みください。

※ご注意②:この習慣の玉手箱には、スピリチュアル的な要素というものは一切ありません。ですが、これはスピリチュアルを否定しているのではなく、私自身にはわからないことが多すぎて、あやふやなまま紹介すると危険だと判断したためです。(むしろ私はスピリチュアルには肯定的な立場です)

※ご注意③:世間一般で良いとされている習慣のデメリットや危険性、そして各習慣の終わりに書いているコーヒーブレイク③~⑫は、私が書いた「イノチノツカイカタ全3巻」と、現在執筆中の「見える動かす組織と個人の7つの視点(仮題)」の抜粋ですが、各習慣と合わせてお読みくださいませ。※コーヒーブレイクは、下記習慣一覧の下に「CB:タイトル」で表示してます。


この習慣の玉手箱は、基礎編が12個+飛躍編が12個、計24個の習慣を毎月ひとつずつ無理なく身に付け、あなたが充実した豊かな人生を送るための習慣プログラムです。

基礎編12個では、心と体を調整する方法を習得し、良いコンディションを維持していくための習慣プログラムとなっています。(飛躍編は、円滑なコミュニケーションと自己の能力アップのプログラムです)

ですが基礎編の習慣では。ゆっくりだけど、確実に、効果を実感できる習慣を用意しました。ひと通り読んでから習慣の玉手箱を「する・しない」を決めてください。

(※今現在、精神的に弱っている方でも、ストレスをあまり感じることなく出来る習慣ばかりですので、心と体のリフレッシュとしてどうぞ)

習慣を続けることができない…

これまで何度か良い習慣を身に付けようとしたけど続いたことがない…

いつも三日坊主…

こういった方の場合、

  1. ハードルが高い
  2. お金が結構かかる
  3. 時間や手間がかかる

と、いうことが原因で挫折しているようです。(挫折3原因)

ではいったい、どうすれば習慣が身に付くのか?ですが、上記の挫折3原因の逆を行えば、比較的すんなりと身に付いていくのは簡単にわかると思います。

こうすれば習慣は身に付く!

習慣を身に付けるときは、

  • ハードルを低く設定
  • お金がほとんどかからない
  • サッと手軽に出来る

ことが重要となってきます。

この「習慣の玉手箱‐基礎編」では、思いっきりハードルを低くし、お金も時間も少ししかかからず、手軽にサッとを基本としています。

ですが、思いっきりハードルを低くした習慣とはいえ、あなたの体と心の状態は格段に良くなる方向に向かっていく内容ですので、どうかご安心ください。

用意するものと条件

毎月ひとつずつ(最大2個)良い習慣を身に付けていくのですが、寝る前に出来たかどうかの〇付けをすることが絶対に外せない条件です。

そのためには習慣帳が必要なのですが、習慣帳としては、ノートに線を引いて〇を付けていく、エクセルが出来る方なら表を作成し〇を付けていく、アプリを使うetc…

とにかく何でもよいので、習慣帳を作って必ず〇付けをして下さい

実は、この〇付けも習慣なのですが、あなたにとって絶大な効果を発揮します。

〇が並んだときの達成感満足感を味わうことができるのです。

(習慣は毎月増えていくので、12個目の習慣が終わったときには、12×(28日~31日)で360個前後並ぶ〇が見れますよ。実に爽快です)

事情があって、どうしても出来ない日は?

これから始まるすべての習慣についてのことですが、

「病気で寝込んでいたため、やりたかったけど出来なかった…」

ということが、あると思います。

そういった場合は△を付けておいてください。

そして翌日以降に2回行えば、その△を〇にすることが出来ます。

やりたかったけど事情があって出来なかっただけです。

チャンとやる意思はあったのですから、リカバリーは当然の権利です。(忘れてやらなかったのは言い訳不要…当然に✕です!)


習慣帳に〇が並ぶその光景は、あなたの心にとって一番の栄養になります。

私にも出来た!というその実感」が、あなたに自信と活力を与えてくれるのです。

もう一度言います。

〇付けは必ず行ってください。

(注意:出来たかどうかわからないのに〇を付けないようにして下さい。自信をもって×を付けて下さい。自分にウソをつくと達成感や満足感が味わうことが出来ません)

そして、1ヵ月全部〇が付いたら、次の習慣へと進んでください。

×が1個でもあったら、次へは進まずに再度同じ習慣を行ってください。

習慣は、あせらず・ゆっくり・確実に!

それでは基礎編の内容紹介です。

基礎編12個の習慣の一覧

基礎編は、心と体を調整する方法を習得し、良いコンディションを維持していくための習慣プログラムですが、言い換えるなら「ベストパフォーマンスを発揮するための土台作り」とも言えます。

何はともあれ、すべてを読んでから始めてみて下さい。

※各項目をクリックすると、内容と解説のページが開きます。

※令和元年5月下旬に、はじめにと穏やかを投稿しましたが、以降の習慣は最低でも月に2個は投稿していきますので、よろしくお願いします。

  1. 穏やか
    CB:内的アプローチと外的アプローチ
  2. ストレッチ
    CB:習慣化された状態とは何か?
  3. よく噛む
    CB:プラス思考は危険です???
  4. 姿勢
    CB:プラス思考とマイナス思考に良し悪しなどない
  5. ジョーク
    CB:マイナスはプラスを凌駕する
  6. 深呼吸
    CB:なぜBさんを選ぶのか?
  7. 腸活
    CB:人を評価するって悪いこと?
  8. お風呂
    CB:相対評価と絶対評価
  9. 歯磨き
    CB:三助の精神
  10. テンポ
    CB:因果応報は運と縁➀
  11. 菩薩行とチョイ我慢
    CB:因果応報は運と縁②
  12. 起床時間
    CB:類友の法則

※飛躍編は令和元年の秋に投稿します。

-習慣の玉手箱

Copyright© 【馬九|北九州】 , 2019 All Rights Reserved.