習慣の玉手箱

習慣の玉手箱「基礎編③よく噛む」

更新日:

第3の習慣「よく噛む」のスタートです。

今回のコーヒーブレイクからは、私が執筆した「イノチノツカイカタ全3巻」と、現在執筆中の「見える動かす!組織と個人の7つの視点(仮題)」から抜粋したものを書いていきます。

夕食は、ゆっくりよく噛んで食事をする

「ひと口30回噛みましょう」というのを見聞きしますが、そこまでする必要はありません。

ほんの少しだけ、いつもより多めに噛めばOKです。

そして「夕食」と「ゆっくり」についてですが、この習慣は「睡眠の質を上げる」ことに主眼を置いているために付いています。(次項で説明します)

また、夕食の途中で気が付いて、最後のひと口だけでもよく噛んで食べればOKですので、習慣帳には自信を持って〇を付けてくださいませ。

ゆっくりよく噛むことの効果

  1. 唾液の分泌が増え、虫歯や口臭の予防になる
  2. 肥満予防
  3. 脳の血流が増え、脳の発達や物忘れ予防になる
  4. ゆっくり噛むことによるリラックス効果
  5. 消化を助ける

その他にもありますが、先ほど述べた「睡眠の質を上げる」ことに注目すると、4と5になります。

まずは、4のリラックス効果ですが、ゆっくりとしたテンポは心を落ち着かせます。夕食は就寝前の食事ですので、ゆっくりと噛んでリラックスさせましょう。(第11の習慣はテンポですが、この習慣で遅いテンポをマスターしておいてください)

次に、5の消化を助けるですが、これはかなり重要です。

  1. 唾液には消化を助ける酵素が含まれていること
  2. 食べ物を細かく砕くことができること

この2つにより、消化が助けられていますが、夕食によく噛んで食べることの必要性は、ここにあります。

よく噛まずに食事をした場合、消化が悪いことは誰でもわかると思います。

そして消化が悪いと、睡眠中も胃腸は消化のためにずっと働いているので、寝ていても体全体がゆっくりと休めている状態ではないのです。

ですが、よく噛めば、唾液と食べ物が良く混ざるとともに、食べ物を細かく砕くことが出来ます

すると、早めに消化が終わり、体全体がゆっくりと休むことが出来る状態になり、その結果として睡眠の質が上がるのです。

※(よく噛むことだけで睡眠障害が改善されるわけではありませんが、一役買っているのが、この「よく噛む」ということです)

テンポによるリラックス効果+よく噛んで消化を助ける=質の良い睡眠

では、質の良い睡眠で疲労回復目覚めスッキリを願って。

※ダイエットにも効果ありますよ。

コーヒーブレイク③

プラス思考は危険です???

プラス思考やポジティブシンキング(この2つは似て非なるものですが、以下プラス思考で統一します)という言葉は、習慣だけでなく、成功法則やスピリチュアル系でもよく見聞きします。

ですがこのプラス思考…ハッキリ断定して言いますが、今出回っているプラス思考のやり方(99%)には大反対です!

※これから先は、くだけた文体を変えますのでご了承ください。(その方が私という人間が伝わると思いますので)

99%のプラス思考のやり方は、前提から間違ってますし、そのあとも見事に間違っています。

大前提が間違っていることの説明をしますね。

  • プラス思考=良い
  • マイナス思考=悪い

これが間違っているのです。

正しいプラス思考とマイナス思考の前提は

  • プラス思考=良し悪しなど無い
  • マイナス思考=良し悪しなど無い

のです。

そしてこの前提が間違っているから、その後の展開が危険になるのです。

間違っている前提では、その後の展開がこうなります。

「こんな考えしてちゃダメだダメだ、プラス思考で考えないと!」

というふうに…

カンの良い方ならわかると思いますが「ダメだダメだ」の部分が危険なのです。

そうです。自分自身をダメ人間として否定しているのです。

また、ダメだダメだと直接的にではなく、遠回しに自己否定を盛り込んだものもあります。

「こう考えた方が楽しいし、やる気が出るし、成功に近づくよ」

と…

それって結局、「あなた(私)はダメ」というメッセージが入っているのです。

そして更に悪いことが起こります。

無理矢理にプラス思考に持っていくのですが、その状態というのは「臭いものに蓋をする」ということであり、いくら蓋をしても臭いものは無くなっていませんし、更に腐って異臭を放ち出します。

そうすると、ストレスをため込んだ人間が爆発し、ブチ切れるように噴出…

これで良いわけがありません。

もっとわかりやすく言います。

ありのままの自分を認めない状態

自分にウソをついている状態

にさせるのです。99%のプラス思考というのは…

もし今、あなたがこのようなプラス思考をやっていて、自己否定をし、自分にウソをついていると少しでも感じたのなら、即刻中止してください。

精神面において、あまりにも危険です。

※長くなりそうなので、前提の「プラス思考とマイナス思考に良し悪しなど無い」を次回のコーヒーブレイクで説明します。

では、また。。。

次回は「姿勢+プラス思考とマイナス思考に良し悪しなどない」です。

基礎編の習慣一覧は「基礎編のはじめに」に掲載してます。

-習慣の玉手箱

Copyright© 【馬九|北九州】 , 2019 All Rights Reserved.