習慣の玉手箱

習慣の玉手箱「基礎編⑤ジョーク」

更新日:

1日1話、ジョークを読む

時間や場所は問いません。ショートジョークでよいので1日1話読めばOKです。

この習慣のキーワードは「笑うこと」ですが、笑うことにより免疫力が上がるともよく言われます。

ですが免疫云々よりも、自分自身が楽しくなることや、賢くなることの方が重要です。

だったらお笑い番組をみればいいじゃないか?と思うかもしれませんが、ジョークは人類が生み出した叡智です。

お笑い番組とは少し違います。(※私自身、お笑い番組が大好きですので誤解のないように)

また、ジョークというものは、エスニックジョークや宗教ジョークなどのように、知的さが求められますので、ジョークを使いこなす人は頭の回転が速く、賢い方ばかりです。

1日1話で十分ですから、ジョークを楽しみながら身に付けてくださいませ。

(本を買う必要はありません。スマホで検索すればいくらでも出てきますよ)

ちなみに、私自身もジョークを書いていますので、下記画像をクリックして読んでみて下さい。(先ほど述べたエスニックジョークや宗教ジョークは、まだ日本人にはなじみが無いので省いてます)

⇩クリックして読んでみてね⇩

ユーモア村のジョーク物語のリンク画像

⇧クリックして読んでみてね⇧

コーヒーブレイク⑤

マイナスはプラスを凌駕する

今までのコーヒーブレイクもそうですが、詳しく書くとかなり長くなるので、サクサクズバズバと書いていきますが、ご了承くださいませ。

ではいきます。

過去から現在まで、名だたる大企業の社長さんが書いた本を見ると「感謝が大事」ということを書いています。

それを読んだ方々は「ビジネスで成功するには感謝が一番大事なのだ」や「感謝しないと成功しない」と思ってしまっているようです。

ですがです!

それは成功したに言っていることなのです。

私は昔から「実際は、事実はどうだったのか?」が知りたくなるタイプでしたので、かなりの数の社長さんの創業から大きくなるまでの「その当時はどうだったのか?」を調べてみたことがあります。

その結果、大企業になった社長さんたちの多くは、

  • 「とにかく負けず嫌い」
  • 「心配性」
  • 「すぐに怒る」

という3点の共通項があったのです。

いかがでしょうか?この3点の共通項…

世間一般ではマイナスとされていることではないでしょうか?

(4つ目を挙げるとするなら「あまり部下を褒めない」ですかね…)

前回のコーヒーブレイクで書いた「それ自体に良し悪しなど無く、それをどう使うのか?」が問われているだけなのです。

とにかく負けず嫌いで例えると、相手に負けた悔しさで、その相手に危害を加えれば犯罪です。

ですが、その悔しさを「仕事で見返してやる!」と思い、一所懸命にやれば成功へと近づくでしょう。

大企業へと育てた社長さんたちは、知ってか知らずか、それを上手に利用しただけなのです。

もしあなたがマイナス思考なら

もしあなたがネガティブ思考なら

もしあなたがコンプレックスを持っているのなら

そのエネルギーは、世間一般でプラスといわれているエネルギーをはるかに凌駕します。

あとは、あなたの使い方次第です。

以上

次回は「深呼吸+なぜBさんを選ぶのか?」です。

基礎編の習慣一覧は「基礎編のはじめに」に掲載してます。

-習慣の玉手箱

Copyright© 【馬九|北九州】 , 2019 All Rights Reserved.