習慣の玉手箱

習慣の玉手箱「基礎編⑩テンポ」

更新日:

第10の習慣「テンポ」のスタートです。

1日1回、テンポを使って気分をコントロールする。

よく噛むの習慣で遅いテンポのことは紹介しましたが、遅いテンポを含め、再度テンポというものを説明します。

ゆっくりとした音楽は気分をゆっくりさせ、アップテンポの曲は気分を高揚させますよね。

このくらいは知ってますよね。

では、面白い話をひとつ。

A:ケンカをして家を飛びだしたとき、怒りで早歩きになりますが、しばらくして怒りが静まると、足取りがゆっくりとなった。

B:ケンカをして家を飛び出したとき、怒りで早歩きになりますが、しばらくすると早歩きに疲れて足取りがゆっくりになったために怒りが静まった

さて、怒りの感情が治まったのは、時間でしょうか?…それとも足取りがゆっくりになったからでしょうか?

実は、怒りが静まったのは時間ではなく、Bの足取りがゆっくりになったせいなのです。

これがテンポが持つ威力です。

また、このテンポというのは、過去の体験を脳がインプットしたものではなく、先天的に人間が持っている反応のようです。

親が赤ちゃんを寝かしつけるときに、心臓の鼓動くらいの早さで胸や背中をトントンするのがいい例です。

だったら使わない手はありませんよね。

ということで使い方の説明です。

  1. やる気が出ないときや、会社の出勤時や訪問先に行く場合、ゆっくりとした歩調から徐々に早歩きにしていき気分を高揚させていく。(アクティブモードへ)
  2. これから休憩時間になるときや家に帰るときは、早歩きから徐々にゆっくりとした歩調にし気分を落ち着かせていく。(リラックスモードへ)
  3. イライラしたら早歩きをして、徐々ゆっくりとした歩調にしていき、イライラを静めていく。

こんな感じですが、歩調でなくても構いません。

音楽でもOKですし、テンポならなんでも使ってください。

私がよくやるのは「ガム」を噛む早さを徐々に変えて、気分を高揚させたり、落ち着かせたりする方法です。

口臭予防にもなるので一石二鳥です。

お試しあれ!

※コツは徐々にやること、そしてアクティブモードに切り替えていくときは、徐々に穏やかな表情にし、徐々に姿勢を良くしていってみてください。

効果抜群ですよ。

以上

コーヒーブレイク⑩

因果応報は運と縁➀

良いことをすれば良いことが起き、悪いことをすれば悪いことが起きる。

因果応報の善因善果と悪因悪果のことですが、このことで私が小さなころに、おじいさんから受けた教えをひとつ。

※私の著書「イノチノツカイカタ」の第1巻に、追加で掲載する予定の話ですので、物語形式で書きますね。


ねぇおじいさん、良いことをすると良いことが起きるんでしょ?

ふむ、そうかもしれんのぉ…

えっ、違うの?

そうとも言えるし、そうとも言えんじゃろな…

どういうこと?…教えてよ

ふむ、では坊やに聞くが、地震や災害で多くの人が死んでしまったことが何度もあるが、みんな悪いことをした人たちなのかな?

い、いや…違うと思うけど…

障碍を持って生まれてきた子どもや、途中で難病にかかった人は、みな悪いことをしたからなのかな?

それも違うと思う…

つまり、その人たちが良い人なら、それは善因悪果ということじゃな?

うん…

坊や、よく覚えておくのじゃ、それを「運」というのじゃよ。

運?

そうじゃ、運じゃ。因果応報というのは、因は運に依りて果となるのじゃよ。その運のせいで、善因善果、悪因悪果、善因悪果、悪因善果となるのじゃ。

運のせいで…結果が変わる…

そうじゃよ。じゃから運に依る結果は、誰にも責めることはできないのじゃ…よく覚えておくのじゃよ。

うん…


っとまぁ、こんな会話だったのですが、私はその日以来、運に依る善果の場合は「日頃の行いが良いからだよ」とは言えなくなってしまいました。

もしそれを言えば、災害等で亡くなった人たちやその家族に「日頃の行いが悪いから災害で死んだんだよ」と、亡くなった人や残された家族に鞭を打つのと同じだと思ったのです。

今はただ、善果なら「良かったね」や「運がいいね」と言い、悪果なら「運が悪かっただけだよ」や「あなたのせいじゃないよ」と言うだけです。

運は、いつ、どこで、どんな風に起こるのかはわかりません。

わからないからこそ、その人のせいではないのです。

「評価してはならない3条件」を思い出してください。

あの3条件は、運に依る果です。

だから、責めることでも評価することでもないのです。

あなたにコンプレックスがあり、もしそれが運に依る果であるのなら、あなたのせいではありません。

そして、あなたのその果を鼻で笑うような輩がいるのなら、しょげているヒマはありません。

人には寿命があるのです。

言い換えるなら「命=残された時間しかない」のです。

そんな輩を気して思い悩んだり、下を向いて落ち込んだりすることに、あなたに残された大切な時間を使ってはなりません。

あなたの命である大切な時間は「あなたを大切に思ってくれている人」や「未来」に使ってください。

以上

次回は「菩薩行とチョイ我慢+因果応報は運と縁②」です。

基礎編の習慣一覧は「基礎編のはじめに」に掲載してます。

-習慣の玉手箱

Copyright© 【馬九|北九州】 , 2019 All Rights Reserved.