習慣の玉手箱

習慣の玉手箱「基礎編⑫起床時間」

更新日:

基礎編の最後「起床時間」のスタートです。

毎朝、決まった時間に起きる。

この基礎編では、群を抜いてハードルが高い習慣です。

(ちなみに2番目にハードルが高い習慣は、習慣帳への〇付けです笑)

体内時計をリセットして、うんぬんかんぬん…

というのがありますが、今回の習慣はその話ではありません。

メインキーワードは「リラックスモード」と「規則正しい生活」です。

では、やり方の条件と猶予の説明です。

条件

  • ゆっくり出勤ができるように起床時間を決めて、毎朝その時間に起きる
  • 休日も、決めた時間に起きる

この2点が条件です。

ゆっくり出勤が出来る時間に起きる理由は、アクティブモード(交感神経)とリラックスモード(副交感神経)の話を以前しましたが、会社に着くまではリラックスモードでいるためです。

仕事以外はリラックスモードが基本ですので、朝はバタバタとしない時間に起床時間を決めてください。

また、起床時間を守ることで自分自身が「規則正しい生活」を送っているなと感じれば、その他のことも規則正しくなっていきますよ。

猶予

上記の条件では、ハードルが高すぎるため、

  • 月に2回までは、✕が付いてもOK
  • 二度寝OK(ただし、歯磨きをしてから寝るのが条件です)

という、猶予がありますので是非ともクリアしてくださいね。

※習慣の定番中の定番に「早起き」というのがありますが、とうやら人は「朝型と夜型に分かれる」ようです。これは起きれる起きれないの問題ではなく、朝に勉強をした方がよい人と、夜に勉強した方がよい人の違いみたいなもので、脳の活性の問題です。この起床時間の習慣を3か月ほど行って、目覚まし時計が鳴って、スグにスッキリとした目覚めが出来る方は、朝型なのかもしれませんね。

(病気等の場合は、「はじめに」で書いてある通りにして下さいませ)

以上

コーヒーブレイク⑫

類友の法則

基礎編では最後のコーヒーブレイクですね。

今回は、誰もが知ってる「類は友を呼ぶ」という法則のお話です。

ではさっそく。

英会話をマスターしたいと思って英会話スクールに行けば、その生徒さんたちは、皆英会話をマスターしたい人たちばかりです。

野球がしたいと思って、草野球チームに入れば、そこに集まっている人たちは野球が好きな人たちばかりです。

当たり前ですよね。

ですがこの類友の法則というのは、裏法則というかなんというか、その後の展開がわかっていないと、何の役にも立たないのです。

その後の展開というのは、

  • 朱に交われば赤くなる
  • その場にそぐわない者は排除される

という法則?というものがあるのです。

先ほどの野球で見てみましょう。

1.別に野球が好きでもないのに、友だちに誘われて草野球チームに入ったのですが、やっていくうちに野球が面白くなって、そのままずっと野球を続けた。

これが「朱に交われば赤くなる」です。

2.野球を見るのが好きだった人が、自分でもやってみようと思って草野球チームに入ってはみたものの、意外と楽しくないので辞めてしまった。

これが「その場にそぐわない者は排除される」です。

このように類友の法則というのは、その後の展開があるのです。

つまり、あなたが良い集団にいたとしても、その良い集団に良い人が寄ってくるというわけではないのです。

性根の腐ったヤツも入ってきます。

そんなときにですが、

  • 朱に交われば赤くなる
  • その場にそぐわない者は排除される

を思い出していただきたいのです。

朱に交われば赤くなるように、その性根が腐ったヤツが改心して、良い人になるかもしれません。

ですがもうひとつの展開「その場にそぐわない者は排除される」に関しては注意が必要です。

その性根が腐ったヤツに反応して、あなたや周りの人たちが文句や愚痴を言ったり攻撃したりすれば、あなたの良い集団は一気に腐ったヤツと同類となります。

これには気を付けなければなりません。

ではどうするのか?ですが、

同調しないで静観する

という方法が、一般的には最善策でしょう。

諭すことが出来るのであれば別ですが…

(まぁ私は説教しますがね…笑)


それでは、いきなりで申し訳ありませんが、コーヒーブレイク③~⑫の総括です。

  1. 今のあなたで十分OK
  2. 3つの常
  3. 評価してはならない3条件
  4. 相対評価と絶対評価
  5. 三助の精神
  6. 因果応報は運と縁
  7. 類友とその後の展開

以上の7つは「集団や組織の中で生きて行くための知恵」です。

穏やかな表情から始まる習慣は、あなたに焦点を当てましたが、それだけでは飛躍編に向けてスタートを切るには不十分でしたので、コーヒーブレイクにて取り入れました。

基礎編での12個の習慣と、コーヒーブレイク③~⑫をマスターすれば、自分のポジション、スタンス、フォームが見えてきます。

そして、幻想や否定ではなく、あなたの本当の「らしさ」を手に入れ、充実した豊かな人生を送ってくださいませ。

ではまた、飛躍編でお会いしましょう!

※飛躍編は、令和元年の秋くらいから投稿しますね。

-習慣の玉手箱

Copyright© 【馬九|北九州】 , 2019 All Rights Reserved.